MENU
揚げたてのポテト
ゲームサーバー運用歴10年
こんにちは!揚げたてのポテトと言います!

20代ブロガー|ゲームサーバー運用歴10年の経験を活かして、初心者の方向けにゲームサーバーのあれこれをお届けしたいと思います。2023年3月に当サイト「揚げポテGameSV」を開設しました。
どうぞよろしくお願いします!

読んだ方が見やすい!分かりやすい!と思われるように試行錯誤しながら書いています!
Discordに参加するとなにかあるの?
  • 当サイトの新着記事の通知をいち早く受け取れる
  • ゲームに関する雑談や情報共有ができる
  • ゲームやサーバーでのお困りごとをQ&Aできる
  • サーバーの運営や参加者を募集できる
  • 専用のお問い合わせチャットを作成できる
【新登場!】低価格+高性能なら「ロリポップ! for Gamers」がおすすめ!

【Xbox版】パルワールドのXbox専用サーバー立て方を紹介!【徹底解説】

当記事にはアフィリエイト広告が含まれています。

2023年10月1日より施行された景品表示法の指定告示(通称:ステマ規制)によって、広告を掲載しているサイトやメディア、SNS内に、読者が認識できるような表記が必須となりました。

当サイトにおいても景品表示法に則り、冒頭に表記するようにしていますので、ご理解の上、ご覧いただけますと幸いです。

当記事にはアフィリエイト広告が含まれています。

2023年10月1日より施行された景品表示法の指定告示(通称:ステマ規制)によって、広告を掲載しているサイトやメディア、SNS内に、読者が認識できるような表記が必須となりました。

当サイトにおいても景品表示法に則り、冒頭に表記するようにしていますので、ご理解の上、ご覧いただけますと幸いです。

現時点では、Steam版とXbox版でクロスプレイはできません。

先日、パルワールドで超大型アップデートが公開され、新エリアの桜島や闘技場などの様々なコンテンツが追加されました!

その中にXbox向けの専用サーバーも実装されました。

しかし、Xbox版の専用サーバーの立て方が分からず、困っている方を少々お見かけしました。

揚げたてのポテト

そこで、今回はXbox版の専用サーバーの立て方を紹介したいと思います。

この記事では、Xbox向けのパルワールドサーバーの立て方を分かりやすく紹介していきます。

個人サーバーやレンタルサーバー(ConoHa、ロリポップ、Xserver)の方でも安心してXbox版で遊べるようになります。

初めての方でも分かりやすいように画像付きで説明します。

この記事を書いた人

揚げたてのポテト

  • 当サイト「揚げポテGameSV」の管理人
  • ゲームサーバー運用歴10年以上
  • 見やすく、分かりやすくを心掛けて書いています。
目次

パルワールドとは

パルワールドとは、「パル」という不思議な生き物が存在する世界を舞台とした、最大32人で遊べるオープンワールドゲームです。パルを捕まえたり、育てたり、戦わせたりできます。100種類以上の様々なパルたちと協力しながら、世界を冒険することができます。

揚げたてのポテト

ポ○○○を連想させるようなゲームですよね笑
既に数時間プレイしましたが、非常に可愛らしく、やり込み要素もたっぷりで時間が溶けていきました。

サーバーとは

さて、パルワールドでマルチプレイをするためには一緒に遊ぶ場所(サーバー)を用意する必要があります。

揚げたてのポテト

自分だけのサーバーを用意するので、好きなように遊べるのでとても楽しめますね。

サーバー種類

パルワールドはマルチプレイの方法として「ローカルサーバー(非専用サーバー)」と「専用サーバー」の2種類あります。

簡単に言うと、ローカルサーバーはすぐに遊べるが4人まで同時に遊べます。5人以上で遊びたい場合は専用サーバーでサーバーを立てる必要があります。

なので、ローカルサーバーは身内向けのサーバーといえます。

専用サーバーの必要スペック

専用サーバーは、ローカルサーバーと違い、独自のサーバーを用意してパルワールドのサーバーを立てる必要があります。

そのため、パルワールドが動作するような、ある程度のパソコンスペック(性能)が必要になります。

パーツ最低スペック推奨スペック
CPU4コア以上
メモリ16GB以上
(1~4人を想定)
32GB以上
(5人以上を想定)
備考8GBでも動作はするが、侵略者イベントやダンジョンに入るとクラッシュする可能性大公式は快適に遊ぶなら32GBを推奨
パルワールド公式より引用
揚げたてのポテト

序盤はそこまでスペックはいらないですが、パルがどんどん増えていくと負荷も高まるので上記のスペックは欲しいかなと思います。

また、パルワールドサーバーはゲームの世界に生活があるため、24時間365日でサーバー起動されていることが好まれます。

それらを踏まえると個人サーバーで立てるより、圧倒的にレンタルサーバーの方がサーバー費用や電気代などが抑えられるため、コスパが良くおすすめです。

揚げたてのポテト

国内では、数々のレンタルサーバーが存在しますが、当サイトでは3つのレンタルサーバーをおすすめします!

おすすめのレンタルサーバー3社

パルワールドサーバーの立て方

実は、Xbox版パルワールドサーバーを立てるには、まずSteam版サーバーを立てる必要があります。

その後、パルワールドのサーバー設定からXbox版に対応させる設定を行うとXboxで遊べるようになります。

Xbox版サーバーに対応する機種
  • Xbox Series X
  • Xbox Series S
  • Xbox One
  • Microsoft StoreからダウンロードしたWindows PC版

現時点では、Steam版とXbox版でクロスプレイはできません。

個人サーバーで立てたい方はこちら

レンタルサーバーで立てたい方はこちら

当サイトでは、ロリポップ、ConoHa、Xserver等のサーバー立て方を徹底解説しています。

揚げたてのポテト

サーバーを立てるところまで進めたら当記事に戻ってきてください。

Steam版からXbox版に変更する

ここまでお疲れさまでした。

これでSteam版のパルワールドサーバーを立てられたので、次にXbox版に対応するサーバー設定を行います。

当記事では、個人サーバーとレンタルサーバーに対応しているので、お使いのサーバーをご覧ください。

個人サーバーの変更方法

WindowsやLinuxでもほとんど同じ手順で進められると思います。

STEP
パルワールドのサーバー設定を開く

パルワールドのサーバー設定ファイル(PalWorldSettings.ini)を開くために、以下のフォルダを順番に開いてください。

steamappscommonPalServerPalSavedConfigLinuxServer

LinuxServerの中にあるPalWorldSettings.iniをメモ帳などで開きます。

STEP
サーバー設定を変更する

「AllowConnectPlatform」という設定項目を探し、SteamからXboxに変更します。

AllowConnectPlatform=Steam
AllowConnectPlatform=Xbox

変更できたら、PalWorldSettings.iniを上書き保存します。

これでXbox版の専用サーバーに変更することが完了しました。

STEP
コミュニティサーバーを設定する

Xbox版はIPアドレスを入力してサーバーに接続することができません。

そのため、Xbox版は「コミュニティサーバー一覧」から参加する必要があります。コミュニティサーバー一覧にパルワールドサーバーを表示させるには再度設定が必要です。

サーバーを起動するスクリプトをメモ帳で開き、「-publiclobby」というオプションを追記します。

# Windowsの場合
PalServer.exe -publiclobby

# Linuxの場合
/PalServer.sh -publiclobby

変更できたら、起動スクリプトを上書き保存します。

STEP
完了

パルワールドサーバーを再起動して、これらの設定を反映させます。

これでXbox版でパルワールドサーバーに接続できるようになりました。

レンタルサーバーの変更方法(ロリポップ、ConoHa、Xserver対応)

通常はコンソールにて、コマンドを使用してサーバー設定を行う必要があります。

コマンドで編集するのもいいですが、初心者の方には直感的に分かりづらい部分があるので、今回は「FTPソフト」を使って、サーバー設定を編集していきます。

FTPソフトとは?

FTPソフトは、パソコンとレンタルサーバー同士のファイルやフォルダ等を共有させるソフトのことです。

ファイル共有(転送)をする時に対象ファイルを暗号化させて送るので、転送中にファイルの中身が読み取られ悪用される心配が無いので、セキュリティ的に安全に使えます。

様々なFTPソフトはありますが、当記事では「RLogin」が使いやすいのでおすすめします。

ダウンロードや簡単な使い方までを以下の記事で紹介しています。

揚げたてのポテト

当記事では「RLogin」を使って手順を進めていきます。
他のFTPソフトでも大体手順は同じです。

\お使いのレンタルサーバーを選んでね/

ConoHa for GAME」をお使いの方は、以下の操作を行う必要があります。

初期設定では、セキュリティの関係でVPSに接続できないようになっています。

そのため、セキュリティグループを追加する必要があります。

追加方法は、ConoHaコントロールパネルから「ネットワーク情報」を開き、セキュリティグループの「+」をクリックすると「IPv4v6-SSH」があるので、選択して「保存」します。

最後にコントロールパネルの「管理画面」を開き、SSHサーバーを「起動」に変更して完了です。

STEP
FTPソフトでサーバーに接続する

次にFTPソフト(RLogin)を起動してください。

サーバーの接続情報を設定するためにServer Selectの「新規」をクリックします。

\お使いのレンタルサーバーを選んでね/

必要な項目に接続情報を入力してください。

ホスト名ConoHaまたはXserverのIPアドレス
ログインユーザー名root
パスワード or パスフレーズrootパスワード(サーバー追加時に設定したrootパスワード)

接続情報を入力できたら「OK」をクリックします。

接続情報の設定が完了すると、Server Selectに表示されます。

Server Selectから接続したいサーバーを選択状態にして、「OK」をクリックすると接続できます。

公開鍵の確認が表示されたら、そのまま「接続する」をクリックします。

次に信頼するホスト鍵のリストを~~と表示されたら、同じくそのまま「はい」をクリックします。

黒い画面が表示されたら、サーバー接続完了です。

STEP
パルワールドのサーバー設定フォルダを開く

ファイル管理(ファイル転送)はファイルにマークが付いたボタンをクリックすると、FTPツールが開きます。

左側は自分のパソコンのフォルダ等で、右側はサーバーのフォルダ等の画面になります。

パルワールドのサーバー設定があるフォルダを開く必要があります。

\お使いのレンタルサーバーを選んでね/

赤枠の欄に以下のファイルパスを入力(コピペ)します。Enterキーを押すと指定したファイルパスに移動します。

/opt/palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer
STEP
サーバー設定「AllowConnectPlatform」を変更する

ここがパルワールドの様々な設定を行うフォルダです。

この中にある「PalWorldSettings.ini」をダブルクリックして開いてください。

メモ帳が開かれると、沢山の設定項目が表示されるので、「AllowConnectPlatform」という設定項目を探し、SteamからXboxに変更します。

AllowConnectPlatform=Steam
AllowConnectPlatform=Xbox

変更できたら、PalWorldSettings.iniを上書き保存します。

これでXbox版の専用サーバーに変更することが完了しました。

PalWorldSettings.iniを開いても何も表示されない場合

PalWorldSettings.iniを開いても何も表示されない場合は、おそらくConoHaかXserverをお使いの方だと思います。

一度、パルワールドマネージャーを開き、どの設定項目でいいので変更すると、PalWorldSettings.iniの中身が生成されると思います。

STEP
コミュニティサーバーを設定する

Xbox版はIPアドレスを入力してサーバーに接続することができません。

そのため、Xbox版は「コミュニティサーバー一覧」から参加する必要があります。コミュニティサーバー一覧にパルワールドサーバーを表示させるには再度設定が必要です。

以下の記事にて、コミュニティサーバーの設定方法を紹介しているのでご参考ください。

ロリポップをお使いの方はこちらから

赤枠の欄に以下のファイルパスを入力(コピペ)します。Enterキーを押すと指定したファイルパスに移動します。

/opt/palworld

その後、「PalServer.sh」というファイルを左側フォルダに移動(ダウンロード)させます。

左側フォルダに移した「PalServer.sh」を予め開いておいたメモ帳にドラッグ&ドロップします。

開いたメモ帳に赤線の「-publiclobby」を付け足します。※前後に半角スペースを入れる

付け足すことができたら上書き保存をする。

編集した「PalServer.sh」を元のフォルダに移動します。※この時に「上記の処理を実行」を選択する

最後にRLoginの黒い画面(コンソール画面)で以下のコマンドを実行したら完了です。

sudo game restart
STEP
設定完了

パルワールドサーバーを再起動して、これらの設定を反映させます。

  • ConoHaをお使いの方は、「ConoHaコントロールパネル」から再起動
  • ロリポップをお使いの方は再起動不要
  • Xserverをお使いの方は、「VPSパネル」または「ゲームパネル」から再起動
揚げたてのポテト

お疲れさまでした。
これでXbox版からパルワールドサーバーに接続できるようになりました。

パルワールドサーバーを宣伝したい方へ

基本的にはX(旧 Twitter)やYouTube、TikTokなどで投稿すると宣伝効果があります。

あとは、有志の方が作成したPalworld専用のサーバーリスト「パルリス」に自身のサーバーを登録する事でパルワールドユーザーの目に止まりやすくなると思います。

まとめ

Xbox版のパルワールドサーバーを立てるには、一度Steam版のサーバーを立てる必要があります。

その後はPalWorldSettings.iniの「AllowConnectPlatform=Steam」を「AllowConnectPlatform=Xbox」に変更し、コミュニティサーバーを設定できたら完了です。

面倒な手順かと思いますが、一度設定してしまえば、あとは変更する必要が無いので、当記事を参考に挑戦してみてください。

揚げたてのポテト

最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも揚げポテGameSVをよろしくお願いします!

5 2 総投票数
\ この記事を評価 /

当サイトはリンクフリーです。SNSやブログ等でご紹介いただけると嬉しいです。

ご支援・ファンレターが贈れます!

(登録不要・匿名可能)

OFUSEで応援を送る

\当サイトが厳選したゲーム向けレンタルサーバー/

スクロールできます

ロリポップ! for Gamers
解説ページへ
新登場!ゲームサーバーがたった3ステップで遊べる
お手頃価格だから高スペックでも長期で継続できる

国内トップ級のサーバー高性能&高速回線を採用

Minecraft/ARK/Rust/Palworldなどに対応
4GBプラン:月額1,500円/8GBプラン:月額3,000円
料金面:
性能面:
おすすめ度:

Xserver VPS
解説ページへ
ゲームサーバーを契約するだけですぐ遊べる
サーバー高性能&高速回線を採用
初めての方でも直感的な操作で分かりやすい

Minecraft/ARK/Rust/Palworldなどに対応
4GBプラン:月額2,200円/8GBプラン:月額4,400円
料金面:
性能面:

おすすめ度:

ConoHa for GAME
解説ページへ
ゲームサーバーを契約するだけですぐ遊べる
初回利用は800円クーポンが貰える
1ヶ月以上利用する方は長期割引パスの料金がおトク

Minecraft/ARK/Rust/Palworldなどに対応

4GBプラン:月額1,380円/8GBプラン:月額2,239円
※上記料金は割引キャンペーン適用済み(7月30日まで)
料金面:
性能面:
おすすめ度:

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
5 2 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
0 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
目次